not 石の上にも3年

「うつ病」治療中のHSS型HSPのアラサーです。気になったことを呟きます。

開発から営業にジョブチェンジした感想(苦労したこと・良かったこと)

開発から営業へジョブチェンジ

こんにちわ、まみたす(@mami_mumemoooo)です。

新卒でSIerに入社してずっと開発やっていましたが、転職して営業にジョブチェンジしたことがあります。

「開発から営業」って人に言うとよく驚かれますが、今回は「苦戦したこと・良かったこと」を書きます。

そもそも、なぜ開発から営業へ?

理由は大きく2つ!

1.お客さんの声を聞きたいと思ったから

BtoB向けの開発がメインでしたので、自分が携わったシステムがどう使われてるのか、誰かに喜んでもらえてるのか、全く分からないまま、ただ言われた通りに作っており、「何のためにこの仕事やってるの?」という感情が強くなってきました。

だから、お客さんともっと近い仕事=営業!という単細胞な考えから転職を決めました。

今思えば、当時の会社に残って、上流工程からやる or 営業にジョブチェンジ、の選択肢もあったと思いますが、営業メインの会社に転職したこと、全く後悔してない。

2.エンジニアになることを諦めたから

動いた時の感動と達成感は好きなんだけど、周りの優秀なエンジニアの方々は

純粋にIT技術が好き。
好きだから最新の情報を"自然に"インプット・アウトプットする。

と見えて、正直、私はそこまで好きじゃないwと気付きました。

だから、この先もエンジニアで居続けることは諦めようと決意しました。

営業になって苦労したこと

これでもか!というくらい苦戦しました。結果的に「適応障害」になりました。

でも「適応障害」になったことは、今思えばいい経験でした。

www.mamitasu.jp

[苦戦1] 人種のギャップ

エンジニアの特徴 ※私調べ

  • ギャーギャー言う人、攻撃的な人が少ない
  • 少し口下手だけど、好きなことに関してはイキイキと話せる
  • 共通点があれば仲良くなるけど、そうじゃない人とは場合は極力関わりたくない
  • 冷静

営業の特徴 ※私調べ

  • コミュ力が高い!
  • 自分の目標数字をコミットするためには、何でもやる!(イメージ)
  • ギラギラした人が多め
  • 物事をはっきり伝える

大前提として「人による」と思いますが、全く違う人種なんだと感じました。

役割が違い、優先すべき観点も違うため、話が噛み合みあいません!!

[苦戦2] 正解がない(ググっても出てこない)

今まで「0か1」の世界で生きてきて、困ったことがあるとググればヒントや正解がすぐ出てくる環境で育った私です。

営業は、お客さんやお困りごとによって、正解が変わるし、ググッても正解が出てきません。

もしかしたら、正解なんて無いのかもしれない。

[苦戦3] お客様<<<数字、になってしまった

「お客さんに喜んでほしい」とか「世の中の役に立ちたい」という想いの前に、お給料をもらっているので自分の目標数字を達成することを求められます。

私はそれが出来なかった。毎週、上の人に詰められて心を病み、「適応障害」になりました。

営業になって良かったこと

[良かったこと1] 顧客折衝できるようになった

お客さんと話すことに慣れたし、伝え方も考えて話せるようになりました。

きっとエンジニアのままだと、難しい用語を連発してただろうし、ちょっとした冗談で場を和ませることもできなかったと思います。

また、お客さんが「この機能が欲しい!」と言われて、そのまま「はい!喜んで!」ではなく、「本質って何なの?それを手に入れることによって本当に幸せになれるの?」って課題解決能力が必要なことを知りました。

(課題解決能力はまだまだ習得できていないので、修行中・・・)

[良かったこと2] 営業の苦労や想いを知れた

開発と営業って仲悪いって、よく言われるじゃないですか。

同じ会社に属している以上、大きなミッションは同じだと思いますが、そのミッションを各部署・人に落としこんだ時に、開発と営業で役割が違うから大事にするポイントや観点が全く違うと思います。

その内情を知らないと、表面からは悪いところしか見えず、仲悪くなりがちなんだと個人的に思っていますし、痛感しました。

だから、知れて良かったです。

知ってるのと知らないので、コミュニケーションの質は格段と違ってくるのではと。

[良かったこと3] エンジニア☓営業(ホリエモンの「肩書きの掛け算」)、キャリアの選択肢が増えた

「営業の苦労や想いを知れた」と関連しますが、営業も開発も分かる人って少ないと思います。

  • 技術が分かる営業
  • お客様目線で物事を考えられるエンジニア

の経験は、転職活動してて需要あることを知れたし、スペシャリスト・マネジメントに進む以外に、プロダクト・サービスを作る側の選択肢も増えました。

まとめ

思い切って挑戦して良かったと思います。確実に視野が広がりました。

「適応障害」になったから営業はやめて、プリセールスとして営業同行や外注先のディレクションをしていました。

さらに、その後、販売促進部へ異動し、今は人事よりの仕事に挑戦しています。

いろんなことに挑戦できるのは、いろんなことに挑戦したからだと思っています。

今後も、更に肩書の掛け算を増やしてやろうと模索中です。

失敗もしますし、何なら今は「うつ病」治療中ですがw

www.mamitasu.jp

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。